marchéの思い

新生marchéからのご挨拶

マルシェ・ミニョンは2007年に誕生して以来、趣味の作品を発表できる場として開催してまいりましたが、近年はそれだけに収まらない多様、多彩さを醸し出し、にぎわいに沸いています。

そのような状況におきまして、趣味の作品を展示する場の提供から、趣味、その先にあるプロ、アマの隔てのなくなった輝きに満ちた作品がより多くの方に受け入れられる場の提供へと舵取りすること。それが私たちの役割だと感じるに至りました。

情熱をかけた作り手の作品がさらに輝ける場、既製品にもの足りなさを感じた買い手が作品を見つけだす喜びをもっと感じられる場を目指し、名称も新たにmarchéとし、少しずつではありますが、着実に歩を進めていく所存です。
今後も変わらぬご愛顧、ご指導のほどよろしくお願い申しあげます。

作品を展示される方に

趣味、その先に

誰しも最初は趣味から始まります。
感性を揺さぶられる作品、商品に出会い、魅了されると、自分にもそれができたら、つくれたら、そしてそのような自分になれたらと、憧れます。
少しでもその作品に近づこうと、見様見真似でつくり始めます。
楽しく、没頭できる制作の時間はあなたの趣味となり、幸福感を満たしてくれます。

しかし、作品の出来上がりは憧れのそれにはほど遠く、打ちのめされます。 それでもあなたは奮起して、何度も何度もトライします。それは体力的にはきつくもありますが、決して苦痛ではなく、むしろ自分の「熱さ」に驚きます。

そして、ある日突然、決してできない、かなわないと思っていた領域に入り込んでいる自分に気づきます。うまくできた、と。これならやれる、と。

腕試しに、展示会に出展してみます。すると、自分と同じような作品がたくさんあります。そこで気づきます、よくできているけど個性、そう、自分が表現されていない、と。わたしは借り物をつくっていた、と。


ここから「自分だからつくれる作品」への旅が始まります。趣味の先へ向かうのです。創意工夫の世界です。
これまでは「天性」で表現していましたが、これからは感性に磨きをかけることに比重を置くようになります。魅せる技を追求し始め、つくる楽しさに産む苦しさが加わってきます。展示会、ネットなどを通じて、作家との情報、技術交換、交流も盛んになります。

こうして仕上がり、磨きのかかった作品はどんな場所にあっても、出来不出来の差はあっても輝きを放ちます。展示会では立ち止まってくださる方が多くなり、売れはじめ、やがて口コミになります。
「アマチュアの私が、プロの方のように受け入れられている」
自分の作品を見つけてもらえる喜びをひしひしと感じます。それがあなたのアートな感覚をさらに刺激します。極みへの挑戦が始まります。
趣味からのスタートが、遠い昔のように感じられ、新しいスタート地点に立ったような気がします。

新生・marchéは、趣味からのスタート期の方、無我夢中の模倣期の方、創意工夫期の方、魅せる技術修得期の方、極みへの挑戦期の方…さまざまな作品が並ぶ、混沌としているけれどもなぜか魅力的な場、でありたいと考えます。
そして、私たちが目指すのは、だれもが自分の才を遺憾なく発揮し、それをしっかり見いだしていくことが可能な場。趣味、その先に現れるプロ、アマの隔てのなくなった輝きに充ち満ちたマーケットです。
あなたの作品をお待ちしています。


作品を購入される方に

出会い、その先に

marchéには、作家の熱き思いが詰まった作品が様々なスタイルで並んでいます。一見、混沌としているようですが、いずれの作品もここにしかない、オリジナルな「気になる作品」です。作品のひとつ、ひとつに個性が表現され、独自の世界観を放って「私の作品」となっています。ゆっくり、じっくり、見て回ってください。

あなたはきっと、店舗に陳列されている既製品にもの足りなさを感じ、ここに来られたのだと思います。既製品(プロ)と、手作り作品(アマ)を自分の感性でしっかり評価できる方、流行や煽りに惑わされない、既成の概念にとらわれない方です。 marchéでは、あなたのその感性をくすぐるたくさんの作品に出会ってください。 中でもこれだ!と感じた作品はきっと、あなたに見つけてもらうのを待っていた作品です。あなたが今、ここで出会った、あなたのためにある「私の作品」です。

それは、作家にとっての「私の作品」があなたにとっても「私の作品」になった瞬間です。作り手と買い手が感性によって繋がり、そして作品を介して紡ぎあうことができたとても幸せなひとときです。


私たちmarchéはこの瞬間のために存在する、と言っても過言ではありません。 お互いが「私の作品」を手にし、喜びを分かち合う、そういった感性の結びつきを私たちはお手伝いしたいのです。

何はともあれ、見て、回って、買ってください。 そして、もしあなたの創作心を刺激する作品、出来事に出会ったら、いつの日か、ぜひ、つくる側、提供する側にまわってください。私だったらここをもっとこうしたい、こうつくりたいを、ご自身で表現してください。あなたの憧れのその方もおそらく同じように感じてスタートされたのでしょうから。

marché は、感性と感性が紡ぎあって、素敵な「私」を創りあげていくマーケットです。 あなたのご参加をお待ちしています。

ページ上部へ